菅政府と東電は、福島を核廃棄物の最終処分場にするつもりではないのか

福島第一原発の事故は、その後一ヶ月以上も経過するのに事態の収束が全く見えてこない。あろう事か、政府は原発から20キロ圏内は「警戒区域」に、20キロ圏外は「計画的非難区域」に、さらに汚染していると見なされた地域を「緊急時非難準備区域」に指定し、その地域の住民も含めて原発周辺一帯を立ち入り禁止にしようとしている。

政府・東電の最終シナリオが見えてきた。原発推進派の懸案だった使用済み核燃料廃棄物の最終処分場の目途が立ってきたのだ。福島原発周辺の住民を徐々に締め出してこの地域を無人化する。そして、誰もいなくなった後で政府は、放射能で汚染されたこの場所を核燃料廃棄物の最終処分場にするという、声明を出すのだろう。なんという悪魔的シナリオだろうか。許されるべきことではない。

これをいち早く指摘されていた「反戦な家づくり」さんのブログ
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1011.html

さらに昨日の東京新聞より転載↓


東京新聞・こちら特報部 2011.4.22  

行き場ない「原発のごみ」
使用済み核燃料どうする


 福島第一原発の事故では、発電を終えた核燃料が敷地内に置かれている危険性を知った。使用済み核燃料は青森県六ケ所村の再処理工場の貯蔵施設で受け入れているが満杯に近く、各原発内の貯蔵プールなども余裕がなくなりつつある。一方、この燃料を再びエネルギー源として使う核燃料サイクルは実現していない。同じ下北半島に建設中の中間貯蔵施設の現場を歩き、原子力政策の限度を考えた。
(篠ケ瀬祐司、小国智宏)
画像

建設中「中間」施設に50年貯蔵も

 まだ肌寒く、フキノトウが顔を出し始めた青森県むつ市関根。使用済み核燃料をいったん貯蔵する中間施設の建設現場付近からは、津軽海峡を挟んで、うっすらと北海道函館市が見える。
 昨年八月に着工され、貯蔵建屋は基礎を終え床部分を造る段階だ。大震災で資材は被災地に優先されて本体工事は中断するが、来年七月の稼働関始目標は変わらない。

画像
建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設=21日、青森県むつ市で

 貯蔵能力は三千トン。最終的に建屋はもうI棟造られ、最大で計五千トンを貯蔵する予定だ。同施設を造るのは「リサイクル燃料貯蔵株式会社」で、東京電力と日本原子力発電が出資している。
 使用済み核燃料は、まず発電所内のプールで冷やされる。それから六ケ所の再処理工場に送るまでの間、乾式キャスクと呼ばれる金属製容器に入れて、空冷式のこの貯蔵建屋内に保管される。
 「中間」とはいえ期間は最長五十年間。再処理が滞り、使用済み核燃料がたまり続けたり永久貯蔵化したりしないか。
 リサイクル燃料貯蔵社の江村公夫広報渉外部長は「年限や容量などは地元との約束だ」と、予定量や期間以上の貯蔵はないと断言する。
 同施設から海まで約五百メートルと近いが、周囲に防潮堤は見あたらない。江村氏は「東電の自社評価では、六・三メートルの津波発生可能性を想定。施設は海抜二十メートルの場所にあり、防潮堤は必要ない。キャスクは(固定の台から)転落したり、水没したりしても耐えられる」と安全性を強調する。

財政危機でむつ市誘致

 施設はむつ市が誘致した。二〇〇〇年六月の法改正で、原発敷地外でも使用済み核燃料を貯蔵できるようになった。五カ月後、当時の杉山粛(まさし)市長(故人)が東電に対し、市内に立地可能かの調査を依頼。OKが出ると杉山氏は○三年の市議会で誘致を正式に表明した。
 誘致の背景は、見込まれる巨額の交付金や固定資産税だ。市は破綻寸前で○二年の財政規模が約九十億円に対し、累積赤字は約十四億円。杉山氏は「財源確保を模索する中で、誘致する考えに至った」と議会で述べた。
 財政的な効果はすぐ現れた。○三年度に市に入った初期対策交付金は約九億七千万円。一〇年度決算では、原発関連で約二十二億三千万円の交付金を受けている。
 市は○九年にショッピングセンターを改修して現市庁舎に移った。費用総額約二十七億円のうち十三億円以上が東電と日本原電の寄付だった。
 下北半島は今、隣の東通村で東通原発、大間町で大間原発が一基ずつ建設中で「核半島」とも呼ばれている。誘致する背景はいずれも同じだ。

画像
むつ市役所。移転費用のため東電と日本原子力発電が巨額の寄付をした

 中間貯蔵施設をむつ市民はどうみているか。
 会社員男性(五六)は「地元には特別な産業がない。誘致でカネを引っ張ってくるのは、苦渋の選択では」と、誘致に理解を示す。年配の男性も「息子が東北電力の東通原発で働いている。ここらでは自衛隊か原発関連の仕事しか働き□がない」と、施設の建設はやむを得ないとの立場だ。

 「福島の事故みて不安に」

 福島の事故後に考えが変わったという住民もいる。ある商店主は「実は中間貯蔵とはどんなものかよく知らなかった。福島の事故をみて不安になった」と漏らす。
 誘致・建設に反対してきた「核の中間貯蔵施設はいらない!下北の会」の野坂庸子代表は「施設の核燃料を五十年後にどうするかについて、事業者は『四十年目までに協議する』と言っている。それは子どもたちにツケを回すことではないか」と不信感を募らせている。
 原発の使用済み核燃料の行方はどうなっているのか。ウラン燃料は三~四年燃やした後に、使用済み核燃料が残る。その燃え残りのウランや新たに生成されたプルトニウムを再処理し、燃料として原発で再利用するのが「核燃料サイクル」。輸入に頼るウランを有効利用できる上に、核の「ごみ」を大幅に減らせるというメリットがある。
 その拠点が日木原燃の再処理工場だ。使用済み核燃料は三年かけて百度以下に冷まして、せん断や溶解、精製してプルトニウムを取り出す。それをウランと混ぜて「MOX燃料」に加工し、既存の原発で燃やすのがプルサーマル発電だ。現在は海外で製造されたMOX燃料が使われている。

画像

動かぬ再処理工場 既に満杯近く

 ところが、この再処理工場はいまだに稼働していない。一九九七年の運転開始予定だったが、相次ぐトラブルから延期され、現在は二〇一二年十月の運転開始を目指す。
 原発五十四基から出る使用済み核燃料は、使用前のウランの重さで年間約一千トン。再処理工場の貯蔵施設受け入れ容量は三千トンなのに対し、既に約二千八百二十七トンが運び込まれて満杯に近い。
 日本原燃は「試験工程の組み直しなども考えながら進めていく必要があるかもしれないが、現時点では、予定通り竣工へ向けて取り組んでいきたい」と説明する。

各原発の貯蔵プールも余裕なし

 再処理工場が稼働しても処理能力は八百トンで、二百トン程度が毎年残ってしまう。一方、各原発の総貯蔵量は昨年九月現在で約一万三千五百二十トンに及ぶ。福島第一原発の場合、共用プールや各原子炉建屋の容量二千百トンに対し、千八百二十トンが入れられていた。
 貯蔵能力使用率を見ると、東電の原発を上位に多くがあと数年で容量を超えてしまう。貯蔵場所がなければ、燃料ウランを取り換えることができず、原発は稼働できなくなる恐れもある。

画像

「高レベル」処分場は決まらず

 問題はこれだけではない。再処理した後に残る核分裂生成物など高レベル放射性廃棄物の最終処分についてはめどさえ立っていない。液体は特殊なガラスで固め、ステンレス容器に封じ込めて三十~五十年かけて冷やした後、地下約三百メートルの深さに埋める。だが、最終処分場の建設場所はまったく決まっていない。
 フランスや英国に再処理を依頼してきたが、今や自国内処理が原則。最終処分揚が必要なことは原発の稼働当初から分かりながらも見切り発車した。原発が「トイレのないマンション」といわれるゆえんだ。原発の是非を考えるとき、安全性はもちろんだが、最終処分問題も国民的議論を行うときが来ている。

デスクメモ
 使用済み核燃料の再利用は夢のエネルギーリサイクルと聞いてきた。いまだ「循環」もせず「出□」もない。浜岡原発では1、2号機の廃炉後にキャスクの貯蔵施設を建設するという。「ツケの先送り」はもうやめにしたい。電気の製造も放射性ごみも拒否するのは享受者のおごりと自戒させられる。(呂)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック