エブリイ車中泊旅2020東北/北海道16b_0805wed「函館へ」

津軽海峡フェリー「大函丸」、定刻出航。 大間発、14:10 函館着、15:40 道の駅「なないろ・ななえ」着、16:10 函館着いたら早速ここへ。全く良い所に道の駅ができた。 昼間撮り忘れたので、夜の写真になってしまった。 日帰り温泉「ゆうひの館」へ 0138-64-1126 入浴…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道16a_0805wed「フェリーターミナルにて」

今日の旅メモ 「大間テントサイト」発、11:30 サイト横のトイレの表示が(^_^) 途中のコンビニで昼食。 フェリーターミナル着、12:30 「大函(だいかん)丸」は、午前の便が戻ってきて停泊中。 乗船まで、ターミナル内で暫し休憩。
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道15_0804tue「大間近隣報告」

大間から動いてないので、特に旅のメモは無し。 近隣の状況報告 テントサイトから車で5分ほどの所、役場の隣にコンビニが新規開店。私の知る限りこの辺では計2つになった。しかもコインランドリー併設。道路隔てて真向いには大型スーパーがあり、益々便利になるね。(^_^) 「大間町海峡保養センター・おおま温泉」へ。 01…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道14_0803mon「大間テントサイト到着」

今日の旅メモ 道の駅「よこはま」発、10:00 大間テントサイト着、12:05 ここで、5日のフェリー乗船まで車中泊の予定。 気温が20度ほどで風が爽やか。いつ来てもここは凌ぎやすい。 午後は映画鑑賞、黒澤明監督の「用心棒」を見る。 あまり動く気がしなくて、マッタリ過ごす。 今日は風呂無し。 …
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道13_0802sun「寺山修司記念館」見学

今日の旅メモ 道の駅「しちのへ」発、11:15 「寺山修司記念館」見学 0176-59-3434 入館料大人550円 寺山修司は、ここ三沢の出身。 さよならだけが人生ならば また来る春は何だろう はるかなはるかな地の果てに 咲いている野の百合何だろう さよならだけが…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道12_0801「十和田現代美術館」見学

今日の旅メモ 道の駅「奥入瀬」発、10:40 「十和田現代美術館」見学 入館料1200円 途中で看板を発見し、急遽予定変更。 作者も日本・韓国・オーストラリア・アルゼンチンなど国籍が様々で、面白い楽しい作品が展示されていた。でも正直1200円は取りすぎかも・・・(¯―¯٥) …
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道11_0731「霧に消えた十和田湖」

今日の旅メモ 道の駅「いまべつ」発、10:40 青森市内を経由して一路南下、十和田湖方面へ。 道の駅「虹の湖」 立ち寄り、トイレ休憩。 途中で、展望台から十和田湖を見てみたが、霧が濃くて何も見えず、ガッカリ( ب_ب ) 道の駅「奥入瀬」着、17:20 駐車…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道10_0730「津軽半島周遊」

道の駅「なみおか」横の丘に登ってみた。 浪岡の街並み 岩木山は相変わらず雲隠れ 今日の旅メモ 道の駅「なみおか」発、11:40 道の駅「十三湖高原」立ち寄り。 ここで水の補給が出来た。 展望台からの眺め。 道の駅「みんまや」、竜飛崎立ち寄り。 …
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道09_0729「いよいよ梅雨明けか・・・」

今日は朝からいい天気。こちら青森では梅雨が明けたかな? 今日の旅メモ 道の駅「津軽白神」発、11:00 だんだん出発の時間が遅くなる。 朝の岩木山 道の駅「いなかだて」立ち寄り 田んぼアートで有名。 残念だが、展望所が閉鎖されていた。 で、地上からだけでも・・・(´・_・`) 何…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道08_0728「岩木山を半周」

今日の旅メモ 道の駅「ひろさき」発、10:40 道の駅「つるた」立ち寄り。 昼食・休憩 直売所内はメロンがいっぱい。その量と香りに圧倒された。 道の駅「もりた」立ち寄り。 ここで車中泊のつもりだったが、トイレの条件がいけないので、やめにした。 隣接する「旧増田家住宅母屋」 道の…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道07b_0727「弘前へ」

今日の旅メモ 道の駅「いかりがせき」発、14:00 急ぐ旅でもないので、午前中マッタリすごす。 道の駅「ひろさき」着、14:30 隣に移動しただけ。(^_^) 今日はここで車中泊。 すぐ傍に、立派な温泉がある。 しかし今日は、あまり動いてないし汗もかいていないので、風呂は無し。
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道07a_0727「碇ヶ関の朝」

道の駅「いかりがせき」の朝 雨が上がって、多少日が刺している。 エブリイは、全部開け放して空気の入れ替え。髭剃りもしてスッキリ。 正面の『冠木(かぶき)門』 ここが残念なのは、温水洗浄便座付きトイレが無いこと。しかも17:00時から翌朝7:00時までは、左側の大小1人分の小さなトイ…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道06_0726「またまた碇ヶ関へ」

今日の旅メモ 道の駅「鳥海」発、10:00 途中、鳥海山を写す。 道の駅「しょうわ」着、12:10 昼食・休憩。 ここのおにぎりで腹を満たす。 黒の2つの器は、昨日100円ショップで買ったもの。電子レンジOK。お茶・コーヒー用とスープ用。 道の駅「しょうわ」発、13:50 道の駅「…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道05_0725「万年雪?の鳥海山」

今日の旅メモ 道の駅「朝日」発、9:50 道の駅「庄内みかわ」着、11:30 2016年の車中泊旅でも立ち寄った所。 隣の「なの花温泉・田田」にも入っている。 https://nekotomo.at.webry.info/201608/article_39.html 今回は昼食・休憩のみ。 酒田市内の1…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道04_0724「燕三条へ」

道の駅「にしあいづ」発、9:15 道の駅「燕三条地場産センター」着、11:30 センター見学、物産購入。 燕三条は金属機器の製造で有名。道の駅に隣接する地場産センターで、取り敢えず今必要な物を購入。 道の駅「加治川」立ち寄り、トイレ休憩。 道の駅「朝日」着…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道03_0723「西会津へ」

今日の旅メモ 道の駅「湧水の郷しおや」発 9:00 道の駅「たじま」立ち寄り 10:30 トイレ休憩 道の駅「にしあいづ よりっせ」着 14:20 今日はここで車中泊。 「西会津町温泉健康保養センター(ロータスイン)」へ 0241-45-2900 大人400円 …
コメント:0

続きを読むread more

エブリイ車中泊旅2020東北/北海道02_0722「船村徹記念館見学」

今日の旅メモ 道の駅「庄和」発 10:00 道の駅「日光」着 12:10 船村徹記念館見学 道の駅「日光」に併設。 入館料550円(JAF割引で440円) 1階の「夢劇場(3Dシアター)」は、北島三郎から始まつて美空ひばりまで、船村徹作曲の歌を8人の歌手が次々と唄っていくというCGによる15分…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイで車中泊・改造編〔63〕『車中泊にベービー用マットレスを使ってみる・・・』

ベッドの幅を90センチに拡張したのに伴い、それに見合ったマットレスを探していたが、どうも気に入ったものが見つからないでいた。 ネットなどでいろいろ検索していると、次のような事に気が付いた。 マットレスや敷布団は、長い間使っているとどうしても『へたり』が生じてくる。特に腰の部分においてはそれが著しい。そのままで寝続けると腰痛の原因…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイで車中泊・改造編〔62〕『サーキュレーターを取り付けてみた』

梅雨も未だ明けず、コロナ騒ぎも一向に収まらず、車中泊旅にも出かけられずに悶々とする日々を送る今日この頃。 しかし、めげずにエブリイの改造に励むことは忘れない。 今回は、エブリイ車内の夏の暑さ対策としてサーキュレーターを新たに購入した。 電源はUSB(DC5V)から、消費電力15W、3段階切り替え、首振り有り、タイマー無し。 …
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花に トカゲ佇み 何思う

庭の紫陽花の上で、何やらうごめくものを発見。 近づいてみると、何とトカゲ。 う~ん否、カナヘビかもしれない。 どちらにしても、何故こんな上まで来てしまったのだろう。 いつもは、庭の隅をコソコソと這い回っているだけなのに。 餌になりそうなものを探しながら、ついつい上ってしまったのかな。 そこじゃ色合い的に目立ちすぎる。…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイで車中泊・改造編〔61〕『インバーターに外付けスイッチ取り付け・その2「タイラップで補強」』

前回の、外付けスイッチ取り付けの時、大事な事を忘れていた。 ハンダ付けしたケーブルは、インバーターの金属パネルの隙間から出しているので、このままだと表面が傷みやすくショートでもしたら大変だ。 ケーブルを保護カバーで覆ってあるのだが、幾度となく引っ張られたり曲げられたりすることで、擦れて裂けたりするのを防ぐために、タイラップで内と外2…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイで車中泊・改造編〔60〕『インバーターに外付けスイッチ取り付け・その1「押し心地はマウス感覚」』

前回の、インバーターの無負荷時のAC電圧が106Vに変わっていた理由が分かった。何のことはない周波数変換スイッチが、いつの間にか60HZになっていたのだった。50HZに切り替えると最初に設定した103Vに戻った。(なぁ~んだ、あほくさ・・・・) インバーターの取り付け場所の関係上、この切り替えスイッチや電源スイッチが見通しの悪い位置に…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイで車中泊・改造編〔59〕『電子レンジの設置・その2「インバーターの電圧を調整してみた」』

電子レンジの異音の原因が分からず、悶々とした日々を過ごしてしまった。(笑) 取り合えず、その謎の究明のためにエブリイ車内の電源部を再度調べてみることに。あれこれといじっているとインバーターの前面表示部のAC出力の電圧値に眼が行く。電子レンジを使わない状態で115Vを示していて出荷時のままの電圧値なのだが、この値が高いせいで異音が出てい…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイで車中泊・改造編〔58〕『電子レンジの設置・その1「異音が出るのは何故!?」』

緊急事態宣言(自粛要請)の解除があったものの、こちらとしては宣言前からも、StayHome中も、解除後もあまり変わり映えがしない日常が過ぎていっただけ。 まあ、まだ車中泊旅は大っぴらに出来ない状況には違いないのだが、でも、いずれはやって来る旅の出発のその日に向けて、日夜エブリイの改造に励む毎日だった。 そんなこんなで、とうとう電…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイで車中泊・改造編〔57〕『走行・ソーラー充電サブバッテリーシステム ケーブル配線完了』

あれやこれやと試行錯誤しながら、やっとケーブルの配線を終えることができた。 年齢的に脳の回転が鈍くなっているため、リレースイッチを3つ使ったせいで、これでいいのか悪いのか頭がこんがらがりながらも、取り合えず正常に動作するところまで漕ぎ着けた。 作業する前に、幾度となく修正をしながらも図に書き起こしたのは良かったように思う。予め目で見…
コメント:0

続きを読むread more

エブリイで車中泊・改造編〔56〕<ソーラーパネル(100W・2枚)をエブリイの屋根に設置>

新型コロナウイルス騒ぎは未だに収まらず、あげくに緊急事態宣言は又一ヶ月延長されてしまった。 しかし、めげずにエブリイの改造は更に続いている。 並列接続用の分岐ケーブルがやっと来た。アマゾンで注文してから1ヶ月は掛かったのではないか。どうやら中国からの取り寄せだったらしく、コロナ騒ぎのせいで配送が大幅に遅れたようだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

エブリイで車中泊・改造編〔55〕<ソーラーパネルを200W、サブバッテリーを210Aに増設中>

新型コロナウイルス騒ぎが一向に収まらないので、おとなしくSTAY HOME中・・・なんてことは無いのだ。 当然今年も東北・北海道車中泊旅には行く予定なので、現在黙々とエブリイの改造に励んでいる。 今回の改造目標 ①ソーラーによる発電量を200W・12Aに上げたいので、100Wのパネルをもう一枚増設する。 ②それに準じて、サブ…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツは有力な薬として「アビガン」を数百万錠調達

ドイツ政府は、「アビガン」を新型コロナウイルスの治療に有力な薬であると承認し、日本から数百万錠分を調達することを明らかにした。 これは驚いた。ドイツはよく分かってる。 ドイツが日本の「アビガン」など調達へ、新型コロナ治療薬として 4/3(金) 11:42配信TBS News i https://headlines…
コメント:0

続きを読むread more

まだやってなかった!?『「アビガン」新型コロナ治療の臨床試験開始』

まだ、始めてなかったと言うのか!? 危機的な状況でありながら、このモタモタ感はいったいどうしたと言うのだ。 アビガンを即刻承認し、できるだけ早く全ての日本国民に投与できるようにするべきだ。 特に、重篤者は当然だが医療従事者への配付もすぐにやらなくてはいけない。医療を支える人たちが感染することで医療現場の崩壊を防がなければならないか…
コメント:0

続きを読むread more