テーマ:芸能

能年玲奈さん復活までいよいよカウントダウン、あと8日

能年玲奈さん復活までいよいよカウントダウン、あと8日だ。 ブログが止まって以降は、ここまで能年さんは沈黙を守って、週刊誌やテレビのワイドショーなどのバッシング報道に何も言わずよく耐えてきた。これには、現事務所と完全に決別するという、本人の堅い決意と意志を感じる。 今すぐにでも能年さんを起用したいという、映画監督や舞台監督も多いこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

溌溂と躍動する能年さんを、再びテレビやスクリーンで見たい!

週刊誌やテレビのワイドショーで取り上げていた能年さんへの誹謗・中傷記事や引退報道は、『週刊文春』によって、その情報のほとんどが事実無根のウソということが暴露された。芸能マスコミも、結局マスゴミに過ぎなかったというだけの事なのだ。 今、能年さんが被っているこの状況は、昨今学校でよくある子供の“いじめ”の状況と似ている。一番のボスは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「引退も洗脳も嘘」「報道リンチ、本当に酷い」「玲奈が弱いものいじめに遭っている」

大手事務所のお墨付きがあれば、あることないことを書き立て、犯罪者のようなバッシング報道を展開するくせに、その意向に反した記事は、どんな話題性のある問題でも報道せず、黙殺してしまう。ワイドショーの偏った姿勢、腐った体質がモロに出た形だが、しかし、今回は「黙殺」ですませることはできないかもしれない。 【情報元】 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能年玲奈さん 復活の日はもうすぐ

能年玲奈さんが7月からどうなるのか、ファンなら誰もが気を揉まずにはいられない今日この頃。いよいよ、現所属の事務所との契約切れまで残り一ヶ月となった。 5月10日に「マイラストソング」と題して記事をアップしてから、ぴたりと投稿が止まっている能年さんのオフィシャルブログだが、やはり、このタイトルは事務所との決別を示唆しているとみるべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『とと姉ちゃん』、『ゆとりですがなにか』、『トットてれび』。『あまちゃん』以降のテレビドラマ

人気脚本家の話題作が多数登場した春クールのテレビドラマ。 しかし、少し視点を変えると『あまちゃん』(NHK)以降とでも呼ぶような状況が生まれていることに気づかされる。 『半沢直樹』(TBS系)と共に2013年を代表する大ヒットドラマとして国民的支持を受けた『あまちゃん』は、今でもBSやCSで再放送されれば盛り上がる息の長いヒット…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

被災地を思いやり励ます 能年玲奈さんの「がんばれ絵」

能年玲奈さんが、自身のブログに投稿した2枚の絵が被災地の人々の心を癒し励ましている。 http://yaplog.jp/lp-n-rena/1 http://yaplog.jp/lp-n-rena/2 ツイッターやネット記事にも取り上げられたことで、彼女のファンをはじめ被災地以外の多くの人もこの絵を目にしたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能年玲奈さん、実は六つ子だったと告白!?

エイプリルフールの能年さんのブログにjejeje!。面白くて楽しくて、クオリティーが並外れている。まさに、エンターテイナーとしての天才的素養の持ち主だね。 http://yaplog.jp/lp-n-rena/archive/1214 【情報元】 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201604…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪しき因習のはびこる芸能界を一刀両断 春子ママ、かっけぇ!!!

小泉今日子さんの以下の記事が静かに感動を呼んでいる。 「子どもを産まなかったことを悔いる小泉今日子を“母”にしてあげた人物がいた」 http://spotlight-media.jp/article/243766261189101386 こちらの記事は、既に多くの方々が取り上げているので、同じサイトに能年さんと小泉さんのほほ笑まし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私たちファンは、輝く能年玲奈さんを待ち望んでいる

私ら一般庶民にとって、芸能界の裏側や本当のところは全く知る由も無いのだが、現在、能年さんが置かれている立場というのは、週刊誌記事やネット等の情報から察するとあまり良い状況ではないように見える。昨年の独立騒動後は、映画・テレビ・ラジオへの出演をはじめ、とうとうコマーシャルにまでその姿を見ることがなくなってしまった。そして今、能年さんがファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今後が注目 能年玲奈のカムバック

 女優・能年玲奈(22)の独立騒動から8カ月余り――。いまだ事務所側との対立は解消しないまま、10月1日には芸能活動の“最後の砦”だったラジオ番組へのレギュラー出演も終了。ブログだけが唯一の情報発信手段という“ニート状態”が続いている。 【情報元】 http://www.nikkan-gendai.com/articles/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能年玲奈 新CM「ツラくなったら、海に出よう」編公開 短編ムービー(後編)も同時公開

女優の能年玲奈さんが出演するかんぽ生命の新テレビCM「ツラくなったら、海に出よう」編が、7日から全国で放送されている。 【情報元】 毎日新聞 2015年09月07日 http://mainichi.jp/mantan/news/20150906dyo00m200015000c.html 能年玲奈:列車で海目指す新CM公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キラキラ感がハンパない」 かんぽCMの能年玲奈

所属事務所とのトラブルで“飼い殺し状態”が続いている女優の能年玲奈(22)が、トラブル前から契約しているかんぽ生命のウェブ限定企業CM「人生は、夢だらけ?」に出演。その“前編”の動画が26日、YouTube上に公開された。 【情報元】 http://www.cyzo.com/2015/07…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MELISSA と YASMIN

Youtubeを見ていたら、偶然、歌の大変上手な女の子を見つけた。 YASMIN YAMASHITA、ヤスミン・ヤマシタと読むのだろうか。日系のブラジル人、10才くらいかな。 しっとりと聞かせるその歌声は、何故か心に染み入る。 上の動画の歌は「愛は花、君はその種子」という曲だ。初めて聞く歌で、誰の持ち歌だろうかと考えて…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「日本人の心」歌い続けた お千代さん逝く

歌手の島倉千代子さんが8日午後0時30分、肝臓がんのため都内の病院で亡くなられた。75歳だった。 お千代さんは、私たち団塊世代にとって、思いで深い歌手の一人だ。物心ついた時には、「東京だよおっかさん」や「からたち日記」のあの透き通るような歌声を聞かない日はなかった。私自身もよく口ずさんでいたのを覚えている。 昭和を代表する歌手が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤圭子の死を悼む・2

閉塞感漂う時代状況が、藤圭子をスターの座に押し上げた。しかし、藤圭子は薄幸、暗さ、怨念といった自身について回るイメージに次第に戸惑いを覚え始める。歌手・前川清との結婚、離婚を経て七九年に突然引退。二年後に復帰した際に、インタビューで「ものを書く人は定義づけがほしいんですね。たしかに私は旅芸人の子。でも、旅芸人の子はほかにもたくさんいて、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

藤圭子の死を悼む・1

藤圭子の突然の死は衝撃だった。歌い手としての活動をやめてからその後どうしていたのかは、歌手の「宇多田ヒカルの母親」として、多少の消息が伝えられることもあった。 デビュー曲の「新宿の女」や「圭子の夢は夜開くひらく」など、彼女の往年のヒット曲が、当時の動画で見られるのは嬉しい。美貌もさることながら、歌唱力も群を抜いている。そん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

 久しぶり 陽水聞いて 心和む

救い難い日本の政治のことで気分が最悪になっている時は、好きな曲を聴くに限る。 久しぶりに聴いてみたが、いい曲はいつまでも色褪せないものだ。 「新しいラプソディー」 この曲は、子どもたちがまだ小さかった頃、家族で行った北海道へのキャンプ旅行を思い出させてくれる。 旅行中聴けるように、私が陽水のアルバム曲をカセットに録音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「途上にて」 愚かな昔 懐かしく・2

YouTubeに投稿されていた「途上にて」を発見した時は、びっくりしたが、みなみらんぼう氏の公式サイトを発見してまたびっくり。 http://rambow.jp/ 氏もまだまだ元気に活躍されているのだと知り、嬉しくもあり、私もまだまだ頑張れそうだと、勇気と活力をいただいた。 【関連記事】 ↓「途上にて」 愚かな昔 懐かしく・1 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「途上にて」 愚かな昔 懐かしく・1

私がまだ若かりし頃、飲み屋の席で歌のうまい先輩が、酔いにまかせて情感たっぷりに歌ってくれたのがこの「途上にて」だった。ほぉ~、いい曲だ、聴かせるなぁ・・・飲んだくれて歌うにはぴったりだ、とその場ですぐに惚れ込んでしまった。翌日に早速レコード店で、この曲の入ったみなみらんぼう氏のアルバム(当時はLP盤)を買った。 その時のレコード盤は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーザンの 『翼をください』 癒される

スーザン・ボイルが日本の赤い鳥の曲『翼をください』をカバーしています。聞いてみてください。透明感のある澄んだ声に心底癒されます。 こちらのカノンさんのも素敵です。YouTubeの映像も感動もの!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーザン 素敵な歌声 ありがとう

Britains Got Talent 2009の予選での歌声を聞いた時からファンになり応援していました。惜しくも優勝は逃したけれど、決勝は彼女にとって歌唱力、声量ともに最高の出来だったと思います。予選と同じ曲でしたが、さらに美声に磨きがかかり(ドレスもセンスアップして)観客を魅了してましたね。 それにつけても、優勝したDiv…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more