エブリイで車中泊・改造編〔39〕 アイソレーター(走行充電器)を設置

昨年の車中泊中では、サブバッテリーへの充電を走行充電とソーラー発電を状況に応じて使い分けて賄っていた。ソーラーの方は概ね順調だったのだが、走行充電の方は素人の配線のせいなのかどうも不調だった。
走行充電の方法は、インバーターをバッテリーと直で繋ぎ、ACCと連動のリレースイッチを介して作動させたインバーターにAC充電器を接続させて、サブバッテリーの充電をしていた。しかし、走行が長時間になるとリレースイッチとインバーターを繋ぐケーブルが異常に熱を発生することが多く、途中でスイッチを切ることが度々あった。この方法は長距離に耐えられないようなのだ。

電気の素人なので異常発熱の原因が分からないという情けなさ・・・。このままだと発火のリスクを抱えたまま走り続けることになるので、今年は思い切ってアイソレーター(走行充電器)を設置することに決めた。

いろいろと捜した挙句、『BAL ( 大橋産業 ) アイソレーター DC12V車専用 充電器 2705』を購入。
昇圧機能があって、満充電までしっかり充電してくれるようだ。レビューも概ね好評価。

画像


BAL ( 大橋産業 ) アイソレーター DC12V車専用 充電器 2705
大橋産業
2017-01-20


Amazonアソシエイト


ケーブルは付属していないので別途購入。メーカー推奨で何と15sq!!太くて重い。折角重量を減らしたのに、これでは元の木阿弥か・・・。

兎に角、早速繋いで試し運転をしてみた。アイドリングだけだったがACC連動で順調に作動、快調に充電。
今後は、床下やアームレストを考慮しながら、配線の方法も新たに考えてみたい。

画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック