「日本一の砂丘」の話

家内は月曜と金曜の週2回、小学生に放課後学習の指導をしている。その学習中に起こったこんな出来事を話してくれた。

地図の大好きなA君が、日本地図の勉強中にたまたま鳥取砂丘を調べていると、“日本最大の砂丘”という説明が添え書きされていた。しかし、これを見たA君は「ちがう!日本一大きい砂丘は、青森県にある」と言い始めたのだ。いきなり言われた家内や他の担当の母親たちは半信半疑。信じてもらえないA君はとうとう臍をまげてしまった。そこで母親の一人が、すぐその場で携帯の検索サイトで調べたところ、何とA君の言った通りだったのだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%BF%E3%83%B6%E6%A3%AE%E7%A0%82%E4%B8%98

画像

それは「猿ヶ森砂丘」と呼ばれ、青森県・下北半島の太平洋側に位置し、沿岸部は幅約1~2km、総延長約17kmで鳥取砂丘とほぼ同じ大きさだが、内陸部も含めると日本で最大の砂丘だといわれていることが分かった。砂丘の大部分が防衛省の敷地になっているため、一般の観光客は通常立ち入る事ができない。これが日本一の大きさにもかかわらず知名度が低い理由らしい。さすがA君、さぞや鼻高々だったことだろう。

画像


私はこの話を聞き、そして日本で一番大きな砂丘は「鳥取砂丘」ではなく「猿ヶ森砂丘」だったという事実を知り、私たちが今まで常識だと思って信じていたことについて、何ものにも囚われない眼で、改めて一つ一つ検証し直すべきかもしれない、と考えさせられてしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック