久しぶり 陽水聞いて 心和む

救い難い日本の政治のことで気分が最悪になっている時は、好きな曲を聴くに限る。
久しぶりに聴いてみたが、いい曲はいつまでも色褪せないものだ。

「新しいラプソディー」


この曲は、子どもたちがまだ小さかった頃、家族で行った北海道へのキャンプ旅行を思い出させてくれる。
旅行中聴けるように、私が陽水のアルバム曲をカセットに録音して車に持ち込んでおいた。走行中やキャンプ場でしょっちゅう流しているうちに、次男坊が陽水の曲を好きになってしまった。特に「新しいラプソディー」が気に入ったようで、キャンプ場から次の目的地へ向かって出発しする時には、必ずこの曲をすすんで流してくれるようになった。
だから、上の動画のイメージとは違って、私たちにとっては「新しいラプソディー」が流れると、北海道の朝焼けの大地や地平線の遥か彼方へまっすぐにつづく道路などが思い浮かぶことになる。
その当時のキャンピングカーがこれ↓
画像

画像

「バンテック」というキャンピングカー専門店から購入したのだが、その後、都のディーゼルエンジンNox規制で2003年に廃車にするまで、家族で日本国中走り回って十二分にキャンプ旅行を楽しませてもらった。
月日の経つのは早い・・・あれから子どもたちは成人し、元気な日々を送っている。
思い出に浸るつもりはないのだが、ついでにこの曲も聴きたくなった。

「少年時代」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック