途上の片隅にて

アクセスカウンタ

zoom RSS エブリイ車中泊旅2016/北陸/山陰/山陽(5)その2−漆の町から源平の町へ−

<<   作成日時 : 2016/11/05 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現在地/道の駅「倶利伽羅(くりから)源平の郷」
石川県河北郡津幡町
【今日の旅メモ】
「石川県輪島漆芸美術館」を見学。入館料620円(JAF 会員は510円)
輪島は漆工芸の町。ここ漆芸美術館では、古代縄文の時代から現代に至るまでの輪島漆椀の作品を観賞し、その歴史を学ぶことができた。また、漆器ができ上がるまでの工程、沈金・蒔絵の繊細な技法などが、展示方法にも工夫がされていて、分かりやすく理解できた。艶やかで、あの深い色合いの漆器が完成までには、様々な気の遠くなるほどの工程を経た職人技が施されている、ということが納得できた。
画像

画像

画像

道の駅「倶利伽羅源平の郷」着 15:30
輪島から能登半島の西海岸を一気に100km ほど南下。金沢市街から20km 手前のこの道の駅で、今日は車中泊。駐車可能台数40台と規模は小さいが、何とかその一角を確保することができた。
画像

早速、併設の「源平の湯」へ。入湯料300円は安い。いい湯だったね。夕食も館内の食堂で、豚丼とうどんのセットを注文(650円)。うまかった、満足。
画像

画像

風もおさまって寒さも幾らか和らいだ感じ。今、エブリイの中で、地酒の「福正宗」で一杯やっている。気持ちよく眠りにつけそうだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エブリイ車中泊旅2016/北陸/山陰/山陽(5)その2−漆の町から源平の町へ− 途上の片隅にて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる